雑感

年相応に、丁寧かつ、慈しみながら過ごす

未だ、体が本調子ではないが、快復の兆しが見えてきた。若い、謙虚な医師に相談して、今必要かつ最小限の薬を処方して貰った。漢方系の、喉を潤し、咳き込みを和らげる薬を食前に三回、尿を出して血圧を下げ、むくみを取る薬を食後に二回飲んでいる。以前も...
雑感

旬の食材にリーズナブルな価格と味を望むのは、無理?

先日来、夏から秋にかけての味覚、梨を食べたが、最初は、繊維が多数残り、不味いし、二度目は、味にムラがあり、三度目は、多少高いものに手を出し、満足したものの、やりきれない思いが残った。物が豊富な時代にもかかわらず、比較的安価で、当たり外れの...
雑感

この度も何とか生還できたかな?

ここ一週間十日で、普段起こっている事が、より頻繁に、より深刻に起こり、命を脅かしている感がする。今年七十九になる高齢者としては、何事があっても不思議のない年齢である。御多分に洩れず、持病もあり、加齢による各臓器の衰えが加わり、以前より、よ...
雑感

マジとリアリー

話をする時や文章を書くとき、外来語やカタカナ等をかなり意識して使うことがある。いまだ慣れないのが「コンセプト」と「マジ」である。前にも話したかもしれないが、ある会社の社長が、いち早く、講演会か何かで覚えてきた「コンセプト」を話の中で連発し...
雑感

労働生産性は、必ずしも人の価値基準にはならない?

先般、コメンテーターの方が「将来、人は働かなくてもいいようになる」等と語ったが、何故そうなるかについての言及はなかったと思う。多分、更に働き方改革が進んだり、多様性により、労働のあり方、位置付けが変わるという事なのかもしれない。 子...
雑感

コシがあり、喉越しがいい

以前より、このワードの解釈が、気になっていたが、人により、時代により様々であり、聞き流してきた。蕎麦の旨さを語る場合、不可欠であるが、これまで、究極の蕎麦に出会うことがなく、この常識的な褒め言葉だけで、片ずけられない齟齬を感じていた。それ...
雑感

お笑いモンスターが何時迄も餌食にされていて、いいのだろうか

生涯現役を掲げる?明石家さんまさんが、還暦を迎えた。相変わらず、いじり、いじられを笑いに変える能力は、卓越している。反応しなかったり、上手くいかなかった時等、マジ顔になり、相手の方が、当惑し、迷惑に感じ、すべったりして、恐怖心を抱く事もあ...
雑感

昔懐かしい下駄の音

2〜3日前、ゴミ捨てに行き、近所の人に、「下駄の音が、いいですね」と声かけられた。二言三言しか話さなかったが、久々に聞いた音が懐かしかったようだ。別れ際に、有難うございましたと言われた。サンダル(sandals)の備えがなくなり、朝か夜、...
雑感

後期高齢者の鬱憤

先日、品川ナンバー(number)の車で道路に出る際、左方向前方の赤信号により、流れが止まったにも拘らず、 バイク(bike)を含め5台の車全てにスルー(through)され、入れてもらえなかった。こんな時節故、仕方がないのかもしれない。...
雑感

めぐり逢いを縦と横の糸で紡ぐ

出張の際、車中でいろいろな歌を聞くが、故、大塚博堂さんが歌い、布施明さんがカバーした「めぐり逢い紡いで」と中島みゆきさんの「糸」には、特に、男女の運命や出会いの妙を考えさせられる。片や、出逢いと絆を辿る詞で綴られ、濃厚な愛の形を詠う。一方...