雑感

雑感

今日この頃

趣味の品を販売する店にありがちな事だが、お客様にその商品を見せて、更に、値踏をしているのを垣間見ることがある。商売は、綺麗事で済ませられないのはわかってはいるが、人間の心の卑しさの一端を覗いたようで憂鬱になる。自分が画廊を始めてから、自転...
雑感

「モテなかった男が恋愛指南するの?」

知名度のある会社の優秀な営業マンと知り合いになった。三十代後半、独身貴族、男前で、180センチ程あり、仕事が出来、インテリタイプで、そつも無く、誠実で快活にして、前途洋々に見える。しかも、絵を書くことが趣味で、ITにも強い。最強の男性であ...
雑感

「男らしさ・女らしさ」

私が、二十代、会社勤めをしていた頃、十才位年上の営業仲間から「帰宅がどんなに遅くなっても、妻が夕食を食べずに、寝ないで待っているので、俺は、家でしか食事をしない」等、何度も自慢げに聞かされていた。羨ましく思ったにも関わらず、その道理のなさ...
雑感

自然はお構いなく、春爛漫から百花繚乱ヘ

平時であれば、春眠暁を覚えず等と呑気なことを言って、のたりのたりと春を楽しみたいところだが、今年もコロナ禍で外出すら儘ならない状況になっている。花と言えば季語でもある桜を思い浮かべるが、春爛漫は桜だけではない。開花前後には、確実に季節が進...
雑感

主食にマッチングしない惣菜でも、アルコールがすべて仲立ちをする

何ヶ月も食欲が無かった時、冷たい蕎麦と餅しか食べられなかった名残で、家の食事は、家事の負担を軽減する為にも、米・和洋麺類・餅、パン等の主食が偏らないようにしている。副食の惣菜は、どんなものでも、ご飯にマッチングする。更に、生野菜・山菜・き...
雑感

瓢箪から駒?

家庭外で仕事をしていた男性が、大半、家に居るようになると、三度三度の食事の世話等で配偶者の負担が増え、ストレスが溜まることにより、家庭環境が悪化し、やがて疎ましくなってくるようだ。自分の家とて例外ではない。しかも何十年も、おさんどんをし、...
雑感

さくら さくら 今‥‥

コロナ禍に遠慮することなく、桜前線が日本列島を駆け上り、森山直太朗さんの歌を思い出している。現実には、自粛を強いられ、TVの画像でしか見られないと諦めていたが、3月13日に婚家先の娘夫婦より、蕾がビッシリついた沢山の桜の枝が届けられた。例...
雑感

エコロジーへの戸惑い

先週、湯呑み、ごはん茶碗、皿等を見に行き、支払いが一万円を超えた。それぞれ新聞紙で包み、紙袋に入れると五円、ビニール袋は三円と言われた。以前から有料云々を聞くのが耳障りだし、納得がいかなかった。人に意見を求めても、時代だからと諦め顔で苦笑...
雑感

高速道路のあり様

先般、久し振りに、途中泊もしながら、仕事で、高速道路を時速100kで30時間以上走行し、無事、帰還出来た。健康面では、本復していなかったが、不安を抱えながらも堪えられたのが、自信にも繋がった。その際、日本国の意気が上がらない現状と、高速道...
雑感

話し方と聴き方のバランス

これまでの人生で、囚われてきた課題の一つが話し方と聴き方のバランスである。幼い頃から自我の目覚めが遅く、自己表現が出来なかった。人に対し劣等感を持っていたのだが、自尊心も捨てきれず、「沈黙は金」を信じ、今に見ろの思いが横溢していた。しかし...