2020-06

雑感

友達がほしいが、コミュニケーション能力が不足している

行きつけのギャラリーカフェ(gallery cafe)に横浜出身、30代男性が訪れている。哲学と現代クラシック(classic)に傾倒し、人と接点を持つのが苦手で、静かに時を過ごしたいようだ。本来、シャイ(shy )な人だが、チーフ(ch...
雑感

無理ないアンチエイジング

高齢化社会の到来で、ANTI-AGINGばやりである。誰もが生活習慣病予防の為、腐心しており、液体や錠剤のサプリ(SUPPLEMENT)を服用し、健康を維持したり、ダイエット(DIET)で痩せて、若さと活力を取り戻す為のCMが盛んである。...
雑感

昔からソーシャルディスタンスを取っていた

HOTELのELEVATORの行く先ボタンのそばにいたが、乗り込んできた人が、ボタンを押す為、MASKも付けず、必要以上に接近してきた。この時期にである。不快感露わに顔を背けた。そう言えば、自分は、昔からSOCIAL DISTANNCEを...
雑感

無垢であった幼子が大人になると何故か・・・・

毎日のように、事件が起こっているが、必然であったり、昨日まで何でもなかった人も関わっていることもある。それにつけても、幼児ならびに子供の頃、あんなにも無邪気で、素直で、礼儀正しい子供達が、何時から、勝手に生き、迷惑をかけたり、OUTSID...
雑感

忖度し、安易に呼称をつけていないか?

ARTIST と言うと、ある年配以上の人達は、芸術家と解してきた。広義な芸術の範疇である、文学、音楽、書道・茶道・華道家、画家及び 造形作家、職人、芸能従事者等で、先達を凌駕したり、新たな道を極めたりし、世間から認められた人が芸術家と言う...
雑感

忍び寄る老いの影

久し振りに、Oさんが来店された。83歳なのに、お会いする度に益々元気になるのが不思議。若い頃から働き者で、頑強な体の持ち主。毎日、二時間くらい歩くそうだ。悩みは、運転免許証の返上問題。信号に差し掛かる時、ほとんど、黄色信号になると言う。一...
雑感

鮮やかな紫と黄、鉄線が凛として美しい

近くの和風食事処へ入る玄関までの路地に、季節ごと選りすぐった花々が植えられ、目を楽しませてくれる。梅雨までのひと時、特に、鉄線(テッセン)が見頃である。黄色の花心と濃い紫の花弁六枚が、深緑の蔓状の枝葉に支えられ、毅然と佇む姿は、はっとさせ...